「先生、脊柱管狭窄症って意外に誤診が多いって本当なんですか?」
最近、頻繁に質問されます。

ズキズキする腰痛や足のしびれ、間欠跛行と呼ばれる特徴的な症状がある脊柱管狭窄症ですが、
実は誤診が多いということを知っていましたか?

また、医師の勧め通りに手術しても、完治せずに痛みやしびれが残っているという現実もあります。

もちろん、手術をした方がよいケースもあるのですが、実際には切らずに治した方がよいケースの方が多いように思います。

そもそも脊柱管狭窄症って何者なんでしょう?

脊柱管狭窄症とは、脊髄が通る背骨の管(脊柱管)が何らかの原因で狭くなり、
それによって神経が圧迫される疾患のことを言います。

圧迫された場所に痛みが出たり、圧迫が起こっている先の部位(お尻や太もも、ふくらはぎ、足指など)
でしびれや痛みが出るなどという症状が特徴です。

一般的に脊柱管狭窄症というと腰部~下肢の疾患を指すケースが多いですが、頸部~上肢に脊柱管狭窄症の症状が出ることもあります。
ただ、圧倒的に腰部~下肢の脊柱管狭窄症の方が多いため今回は腰部~下肢の脊柱管狭窄症を想定してお話していきます。

脊柱管狭窄症には誤診が多いって本当!?

日本には現在、腰痛に悩む人が2800万人程度いるということですが、その内の実に85%が原因不明とされています。
そして、原因が分かっている15%の中に、脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどが含まれているという訳です。
ただ、脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアに関しては、本当に腰痛の原因となっているのか疑問なケースが多々見られます。
このことに関しては、現役の整形外科医によっても証言がなされています。

ではなぜそのようなことが起こるのでしょうか?
それは、整形外科医の多くが画像診断(MRIなど)によって判断を下しているからです。
腰痛を訴える人の骨や神経を見てみると、確かに変形が見られたり、ヘルニアが出ていたりすることがあります。

ただし、忘れてはならないのは「変形やヘルニア=痛みではない」ということ。
実際に、変形やヘルニアが見られても痛みのない人もたくさんいますし、画像診断で的確な判断が下せるのであれば、腰痛の85%が原因不明などといった事態には陥っていないはずですよね。

痛みやしびれの本当の原因は何なのか?
腰の痛みや足のしびれの本当の原因は何なのでしょうか。

85%が原因不明といわれる腰痛ですが、実はそのほとんどが、筋緊張のもたらす血行不良や関節可動域の減少に由来すると考えられています。
つまり、筋肉の緊張を緩めて血行を促進し、関節の可動域を広げることによって、原因不明とされる腰痛が改善されるケースが多々あるという訳なのです。

特に、骨盤の中央に位置する関節である「仙腸関節」が、腰痛や足のしびれを改善するためのカギを握っています。

実際に整形外科医の(ほんの)一部は、この仙腸関節の可動域と腰痛との関係に注目して、手術や薬に頼らない新たな施術を提唱しています。それによって手術が必要といわれた腰痛患者のおよそ9割に改善が見られているということです。

手術は最後の最後。本当に最終手段にしましょう!

病院で脊柱管狭窄症と診断されると、医師から手術を勧められるケースがあります。
ただ、本当に手術が必要なのはその内のごく少数。まずは他の治療法で改善できないかを試してみてみましょう。
手術が必要な「真正の」脊柱管狭窄症はごく少数なのですから。

もし大阪で脊柱管狭窄症の症状でお悩みなら

中崎町整骨院では、毎月多くの患者様に通院していただいております。
その一方で大阪市ではまだまだ脊柱菅狭窄症の患者様が多く、
・必要のない手術をすすめられている
・手術をしたが全く改善しない
・家事が出来ない
・歩くのがつらい
・朝起きるのが苦痛だ

といった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。
それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

私は、本気でこの状況を変えたいと思っています。
「大阪の脊柱菅狭窄症の患者様を1人でも多く救いたい」

もしも、あなたが
「この痺れと痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痺れや痛みでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」
といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、中崎町整骨院にお越しください。

必ず、あなたの力になれます。
諦めないでください。

あなたの体は、まだ根本改善できる可能性があります。
一緒に、あなたの体にとことん向き合います。

あなたが、ご自身の根本改善の為に勇気を持って一歩踏み出して頂けるなら、、その挑戦を私が受け止めます。

私の 根本治療の手技・技術はそんなあなたの支えになる為のものです。
中崎町整骨院で私の施術を受けて、あなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!