いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

大阪市北区梅田近くの中崎町整骨院 福井です。

今回は3ヶ月以上続く辛い腰の痛みの原因は?というタイトルでお届けします。

腰痛というと椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を頭に思い浮かべる方も多いと思いますが、
整形外科でヘルニアの治療をしても腰痛が改善しないという方がたくさんいます。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
もしかしたら、あなたの腰痛はヘルニアだけが原因ではないかもしれません。

【腰痛の原因がヘルニアや坐骨神経痛であることはほんの一部】
腰痛を訴えて病院や整形外科を受診すると、たいていの場合レントゲンを撮影します。
もしレントゲンの段階で「椎間板ヘルニアですね。」と言われたら、その診断は誤っている可能性が高いです。

なぜなら、腰部のレントゲンは骨の状態を確認するためのものであり、椎間板ヘルニアがあるかどうかはMRIなど、より精密な検査をしなければわからないからです。

また、ヘルニアがあるからという理由でそれがすぐに腰痛につながるわけではありません。
というのも、MRIでヘルニアがあることが確認できても、腰痛の全くない人もいるからです。

【筋膜リリースだけでヘルニアの症状が消えることもある!?】
筋膜という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
筋肉の表面にある膜のようなイメージがあるかも知れませんが、筋肉だけでなく内臓を覆ったり、骨を支えたりもしています。

「筋膜」の画像検索結果

筋膜は浅筋膜・深筋膜があり、全身をくまなく覆っており、第二の骨格などと呼ばれることもあります。
そして、筋膜に緊張が生じるとこりや痛みが発生するのではないかと考えられているのです。

腰痛でヘルニアと診断された人の中には、この「筋膜」に緊張が生じているケースが多くみられるのです。

そのため、ヘルニアの治療をしても筋膜の緊張を取り除かなければ、根本的に腰痛が改善しないということなのです。

これまで体に無理をさせてバランス悪く使っていたことで、腰の周りに負担をかけている方をたくさん見てきました。
そして、その負担のかかっている部分を探し出して、筋膜の緊張を取ってあげることで、改善していく方をたくさん見てきました。

・ ブロック注射を打っても良くならない
・ 腰を牽引しても良くならない
・ シップや痛み止めの薬も効かない
・ 腹筋と背筋を鍛えているのに良くならない

もう何をしても良くならないという方は大阪市北区梅田近くの中崎町整骨院へお越しください!

ヘルニアと診断されて、どのような治療をしても良くならないというあなた。
もしかしたらあなたの症状はヘルニアだけが原因ではないかもしれません。
一刻も早く辛い症状から解放されるために、ぜひ中崎町整骨院にご相談くださいね。

追伸
中崎町整骨院では、毎月多くのヘルニアの痛みで悩んでいる方が来られます。
その一方で大阪市ではまだまだヘルニアの患者様が多く、

・ 必要のない手術を勧められている
・ 手術をしたけど全く改善しない
・ 家事や育児が出来ない
・ 歩くのがつらい
・ 朝起きるのが苦痛だ

といった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。
それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのが現状だと思います。
それは当院に来られるヘルニアの方が多いことが物語っています。

私は、本気でこの状況を変えたいと思っています。
「大阪のヘルニアの患者様を1人でも多く救いたい」

もしも、あなたが
「このシビレと痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このままシビレや痛みで歩けなくなったらどうしよう」

このような不安な気持ちを持っておられるのであれば、そんな時こそ、中崎町整骨院にお越しください。

必ず、あなたの力になります。
決して諦めないでください!

あなたの体は、まだ根本改善できる可能性を秘めています。一緒に、あなたの体と徹底的に向き合います。

あなたが、ご自身の根本改善の為に勇気を持って一歩踏み出して頂けるなら、その挑戦を私が受け止めます。
私の「根本治療の手技・技術」はそんなあなたの支えになる為のものです。そのために全国の技術セミナーを受講して腕を磨いてきました。

中崎町整骨院で私の施術を受けて、あなたも変化を感じてください!