いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

大阪市梅田近くの【四十肩・五十肩専門】中崎町整骨院です。

今回は、みなさんの身のまわりでもよく聞かれるような内容です。

みなさんのまわりでも、

「最近四十肩になってさぁ・・、大変な目にあったよ。」

「うちの旦那が五十肩になって夜も眠れないみたいなのよ。もうそんな年なのねぇ。」

「四十肩とか五十肩は自然に治るから放っておくといいんだよ。」

こんな会話聞いたことないですか?

 

あなたは【四十肩、五十肩】と聞くとどんな事を思い浮かべますか?

四十代、五十代の人に多いイメージがあると思いますが、それ以外の人も結構いますので

名前を変えないといけませんね(笑)

 

当院の患者さんに聞いて見ても、

・四十肩、五十肩は肩が固まって動かなくなる

・腕が上がらない

・夜中に痛みで目が覚める

 

と、肩関節が痛くて動かなくなるというイメージの方が多いです。

 

でも、初期症状は違うんです。

 

初期症状を見逃してしまうとみなさんがイメージしている通りの肩が固まって動かない、腕が挙がらない、いわゆる四十肩・五十肩になってしまうんです。

 

五十肩の方でも初めは肩が動いているんです。

いきなりカチーンと肩が固まるわけでは無いんです。初めの頃はみなさん動かせているんですね。

腕を上げたり、捻ると痛いなぁ。動かすと痛いなぁ~。と痛いけど腕は上がるので可動域制限というのはないんです。

 

では始めの頃は何で肩が痛いの? 多いのが、腱板断裂という病気です。

 

腱板断裂?

あまり聞きなれないものですよね?

「肩が上がらない イラスト」の画像検索結果

肩が痛くて、整形外科や病院に行ってレントゲンを撮ってもらって

『骨には異常が無いですね』と言われた患者さん。

「問診 イラスト」の画像検索結果

 

そう言われる患者さんの中にこの腱板断裂の方が一定の数います。

文献によっては、3人に1人ぐらいの割合でいると言われています。以外に多いですね。

レントゲンに腱板は写らないんです。この腱板断裂の厄介なところが夜間痛です。

夜寝ている時に、寝返りをすると肩に痛みが出るんです。

症状が進むと痛みがあるので眠れなくなって、睡眠不足になってしまいます。

「睡眠不足 イラスト」の画像検索結果

 

夜間痛が強く、寝れない日が続き疲労困憊になって、結局腱板を修復する手術になるケースもあります。

 

腱板断裂の患者さんに対していわゆる五十肩(固まった肩)の治療をしていると、治りません。治っても何ヶ月もかかります。1年や2年かかる方もいます。

「リハビリ イラスト」の画像検索結果

整形外科でレントゲンを撮り、五十肩と言われ注射を打ったり、リハビリをしても改善しないので、大阪市梅田近くの中崎町整骨院に来院される患者さんがたくさんいます。

 

カウンセリングをして、状態確認をして腱板断裂だと判断した場合は、その傷んだ腱板に対して施術を行います。主に腱板のまわりにある細かい筋肉を的確に捉えてオリジナルのマッサージで緊張をとっていき、ゆるめていきます。

そうすると無駄な力が入ることがなくなっていき、夜間痛や可動域制限も改善していきます。

 

レントゲンで骨に異常が無いと言われたあなたは、もしかしたら腱板が傷んでいるかもしれません。

腱板に対しては早期に対処することが必要です。

放置する期間が長ければ長いほど、痛みをかばってしまい動く範囲がどんどん狭まってきます。

今すぐ施術を受けたい方はこちらまで→06−6360−6856

 

1日放置すれば、1週間改善が遠のきます。

放置すればするほど、必ず改善が遅れますから、一刻も早く適切に処置をしてくれる所へいきましょうね。